読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩の辞書

人生という真っ白な辞書を埋めていくブログ

中国語を勉強したきっかけ

中国語

プロフィールにも書きましたが、趣味として中国語を勉強しています。

そして、今月末の3/26(日)に中国語検定試験の4級を受ける予定です。

 

中検準4級からの学習時間も含めると、今日までの合計学習時間は約80時間。

時間量で合格できるかどうかが決まるものではないけど、中検公式サイトによると4級合格に必要な学習時間の目安は120時間~200時間とのこと。

目安はあくまで目安ですが、試験までの約1カ月のあいだに最低でもあと40時間は勉強しておきたいです。

時間量が自信に繋がることを信じて。

 

 

さて、僕が中国語を勉強し始めたきっかけについてですが、仕事に活かしたいという立派な理由ではなく、また中国人や台湾人の彼女が欲しいといった不純な理由でもなく、もっとひじょ~~~にくだらない理由です。

 

20歳前後の頃に友達と地元の観光地に遊びに行ったのですが、観光地ということもあり日本だけじゃなく外国からの観光客もちらほらといるんですね。

もちろん中国人観光客らしき人たちも。

友達といると調子に乗ってしまう僕は、

「エセ中国語を喋って、中国人っぽく振舞おうぜ!」と急に思いついたんですね。

思いついたら即実行。

目的も意味もな~んもないですよ。

自分が面白いと思ってニヤニヤ笑えるようなことをやりたかっただけです。

そんなエセ中国語を喋っている僕を、友達は愛想笑いで見守ってくれていました。

 

時は流れ、2016年5月。

社会人になり、会社の同期とゴールデンウィークに金沢へ旅行に行ってきました。

旅の恥はかき捨てなのか、旅行で気分が大きくなった僕はまたしても中国人ごっこをすることに。

 

うーりうめいちー。ほあふーらいじょんらー。◎△@※■☆#%!!

当時、ニーハオしか知らない僕は(好吃,我爱你すら知らなかった。)精一杯にてきと~で流暢(?)なエセ中国語をドヤ顔で披露。

しかし会社の同期は、「それ全然中国語じゃないよ。エセ中国語にすら聞こえない。」と辛口なコメント。

そんな馬鹿な。俺は完璧に中国人を演じ切れていたはず・・・。まさに青天の霹靂。

負けず嫌いな僕は早速、夕飯前に金沢駅ビルの本屋で中国語の入門テキストを購入しました。

 

「ちゃんと中国語を勉強して喋れるようになり、中国人ごっこの完成度を高めたい!」

 

これが中国語を勉強しようと思ったきっかけです。どうだぜ~?くだらないだろ~?

ただ、負けず嫌いだけど買って満足するタイプでもある僕は、ゴールデンウィークを少し過ぎたころには中国語の勉強は一旦ストップ。早いですね。

本格的に勉強を開始するのは2016年10月からに。

 

 

こんなくだらない理由で開始した中国語学習ですが、記事冒頭でもお伝えした通りすでに80時間は勉強しています。

知っている単語もニーハオ以外にも少しずつだけど増えてきました。(最初は四声の存在すら知らなかった!)

また、勉強しているうちに実際に中国・台湾へ行ってみたい気持ちが湧き上がってきたので、今年中にはどちらかに旅行に行くつもりです。(簡体字使えるし、やっぱり中国かな。それとビザも取らないと。)