読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾輩の辞書

人生という真っ白な辞書を埋めていくブログ

赤面症と多汗

赤面症

赤面症ってのはただ顔が真っ赤になるだけではなくて、赤面すると同時に大量の汗をかいてしまう「多汗」も併発している場合が多いようです。
ご多分に漏れず僕も赤面症&多汗でございます。
今の時期や少し前の寒い時期でも、コートを着て電車に乗ると顔面からツーっといくつもの線になって汗がしたたり落ちてきます。
なので電車に乗るときはコートを脱いじゃってます。
また電車を降りて会社に向かうまでに、体はポカポカを通り過ぎてまるでサウナ状態。
同僚と一緒に辛い物を食べても、周りは涼しい顔をしている中で僕だけ汗だく。
pingさん、風呂入りました?w」って言われるくらいには汗かいています。

赤面するときも顔がカーッと熱くなり、また背中からは汗が噴き出しビショビショになっています。
どんだけ体温調節が必要なんだってね。

ただ幸いなことに、僕は多汗についてはあまりコンプレックスを感じていません。
人間である以上、汗はかくものだし、人より少し汗の量が多いなーくらいにしか思っていません。
そりゃビショビショになるほどの汗はかきたくありませんよ。
でも神様に「赤面症と多汗どちらかを完治させてやろう。」と言われたら間違いなく赤面症の完治を選びます。